エス・イー・スタイル

家づくりのポリシー

意外とありがち、重大な誤解。本当の家づくりって?家づくりはライフスタイルづくり

これから家づくりをされるみなさんへお伝えしたいこと

25年、家づくりに携わってきて、私は今思うことがあります。

まるで、吊るしの洋服を選ぶように「家を買う」ことが当たり前になっていないでしょうか。

吉川「吊るし」というのは、なにも建売に限ったことでは無いんです。名前ばかりの注文住宅も実に多い。総合展示場へ行くと、訓練された言葉巧みな営業マンが家を「売って」います。その流暢な話し方に(うかつにも)私も思わず「へぇー」と言ってしまいます。「私より説明は上手なのでは?」と(苦笑)。

はっきり言って、私は口ベタです。東京で小さな設計事務所を開き、長年、コツコツと設計の仕事だけに向き合ってきたからです。

でもお伝えしたいのです。

家は「買う」ものではありません。(なので、当社には、営業マンは一人もいません。)そして、新築とは古い家をただ新しくすることではないのです。

では、私が思う本当の家づくりとは何なのか

打ち合わせ風景家づくりとは、決して大袈裟ではなく、自分の生き方や生活のしかたを最大限表現することだと思うのです。

一生に一度の家づくりの機会に、先ずは自分や家族のライフスタイルについてじっくりと考え、夫婦や親子で語り合い、10年後、20年後、50年後の生活を想い描き、それから設計し建てる。「家づくりはライフスタイルづくり」です。そしてそれが、私たちの目指す『設計事務所的な工務店』のスタンスなのです。

私は、お客様の家づくりに徹底的に手間をかけます。そしてお客様の新しいライフスタイルづくりに協力させていただきたい。それができれば幸せです。それが建築デザイナー(家とライフスタイルをデザインする者)としての生きがいです。口下手のくせに少しキザですが、それが私自身のライフスタイルです。

私たちは本気です『3つの約束』

オーダーメードの家づくり

エス・イー・スタイルの家づくりは、予算に関わらずフルオーダーの注文住宅。パッケージ商品ではありません。一級建築士が知恵をしぼって考え、デザインし、自社の棟梁が手仕事で、汗をかいてつくります。だからオンリーワンの家づくり。

楽しみながら家づくり

お客様から「楽しい家づくりだった!」という声を頂くのが何より私たちの生きがい。一生に一回の家づくりを思いきり楽しんでいただきたい。だから時間と手間を惜しみません。お客さまの満足度200%が最低基準です。

一生のおつきあい

家づくりは「売って終り」ではなく「建てて始まり」です。お客様と、お客さまの家を、くらしを、ずっとずっと、一生守る。そのために私たちは仕事をしています。

だから私は、家づくりを仕事にできて、幸せです。

家づくりの道先案内人『つながってる』コンシェルジュのいる家づくり

エス・イー・スタイルに「営業マン」はいませんが、最も重要なお客様との接点となる係として、「コンシェルジュ」がいます。

コンシェルジュ 【conscious 仏】
ホテルなどに配置されるサービス係、案内係、門衛、管理人

エス・イー・スタイルでは、「コンシェルジュ」を、お客様の家づくり、ライフスタイルづくりをお手伝いさせていただく存在と考えます。

たとえば・・・

  • 不安や疑問を感じたときに、いつでも相談ができる、いつでも「つながっている」存在。
  • かゆいところに手が届くような、「気づかい」が感じられる存在。
  • 家づくりの正しい知識を持ち、的確な助言をしてくれる、「頼れる」存在。

これらの要素をあわせ持ち、営業マンとはまったく違うかたちでお客様を大切にできる人、それがエス・イー・スタイルの考える「コンシェルジュ」です。
家づくりのことで、疑問や不安が浮かびましたら、すぐにご相談ください。「コンシェルジュ」がいつでもお待ちしております。

徹底検証 なぜエス・イースタイルのお客様はみな夫婦円満なのか

これまで沢山の家づくりのご相談を頂いてまいりましたが、私たちのところへいらっしゃるお客様には、ある一つの傾向がございます。それは、『夫婦円満』であること。皆さん、仲のよいご夫婦ばかりなんです。これは一体なぜか。私たちは考えました。そして、一つの結論にたどり着きました。それは・・・

 ご夫婦で、あるいはご家族ぐるみで家づくりについてじっくり考えていくスタイルが、私たちエス・イー・スタイルの家づくりに対する考え方と波長が合う、ということ。広告も、ライフスタイルにこだわる方向けに作成していますが、ご夫婦で見学会にお越しいただくお客様は、最終的に私たちエス・イー・スタイルをお選びいただくことが多いようです。

 また、仲のよいご夫婦は、ハウスメーカーと比較中であっても、私たちにお任せくださるケースがよくあります。ご夫婦の仲がよく、会話があり、夫婦で向き合う時間の長いことが、家づくりのスタイルに影響するのでしょう。こだわりの家を求めるか、それとも短期間でカタログから選ぶように決めていく家づくりを望むか、分かれるようです。

 夫婦円満なご夫婦も、そうでないご夫婦も(?)見学会には是非ご夫婦、ご家族でお越しください。ご一緒にHappyな家づくり、家庭づくりをはじめましょう。

シンプルデザイン考

なぜデザインにこだわるのか

近年日本の住宅は性能(耐震性、耐久性、断熱性、防音性など)や機能(キッチン、バスルーム、冷暖房、換気設備など)ばかりが注目され、デザインがおろそかにされてきました。性能・機能が充実していることははもう当たり前のことです。外観も内観もそこに住む人が尊敬されるような美しいデザインがあってこそ、長く愛される家になるのです。

なぜシンプルにこだわるのか

 欧米の有識者から「歴史ある先進国なのに日本の住宅は知性が感じられない。」とよく言われます。特に最近のハウスメーカー風のデザインの評価は最悪です。ではなぜ欧米の住宅には「知性」が感じられるのでしょうか。それは、シンプルでなおかつ美しいデザインだからです。シンプルだからこそ、周囲の景観ともマッチします。そして建物だけでなく街並み全体が美しく感じられるのです。さらに、デザインがシンプルであることは、同時にコストダウンにもつながります。住宅に機能や性能は、もう当たり前のこととして、これからは欧米のように「シンプルで美しいデザインの家」求められています。

メッセージ 100年後でも美しい家を

 「100年後でも美しい家」と聞いて、どんな家または建物を思い浮かべますか?

未来の事を考えるのは難しいので、100年前から現在まで残っている家・建物を考えてみましょう。
日本で言えば、まず思い付くのが神社やお寺ですよね。あの世界遺産の法隆寺はなんと、1400年も建ち続けています。世界に目を向けても寺院等は歴史を越えて建ち続けています。
これらの信仰の対象としての建物は、人々の心のよりどころであるため、必然的に美しく人々に尊敬されるようなデザインとなります。私もヨーロッパへ行った際、寺院の尊敬されるデザインに圧倒された経験があります。大学の授業でよく取り上げられるパリのノートルダム寺院を訪れたとき、まず大きさに唖然とさせられました。そして、内部に入った瞬間、思わず息を呑む美しさと緊張感、崇高さを感じ、無意識にひざまずいている自分がいたのです。今も、あの感動は忘れられません。

では、家はどうなっているのでしょう。100年以上前から住まわれている家を思い描いてみましょう。欧米の美しいと言われる街の建物は平気で2~300年建ち続けています。全体が文化財のような街は欧米には数多くありますよね。

白川郷日本を思い描くと町並みとしては代表が京都でしょうか。小京都と呼ばれる古い町並みが残っている街も各地にありますね。また、白川郷の合掌造りの民家に代表されるように、各地に茅葺の大きな屋根を持った民家が大切に保存され、利用されています。街道筋の宿場町でも、昔の面影を残しながら現在まで建ち続けている街があります。

これらの家、建物がなぜ現在まで残っているのでしょうか。

それはみんなが残したいと思うか、思わないかにかかっていると思うのです。「残したいな」と思うには、その建物、町並みが美しさを持っていなくてはなりません。そう考えると、逆に現在まで残っている建物が美しい家、建物になるのではないかと思えるのです。

ですから、美しいデザイン、スタンダードなデザイン、そしてシンプルさにこだわることで、100年後でも美しく存在し続けることができる家を造ることができるのだと信じて止みません。

スペシャルコンテンツ
  • 吉川君ブログ

ページの先頭へ戻る

SEにお寄せいただいた声

駒ヶ根市O様

 家づくりを考えたとき、やはり予算やローン返済なども気にしながら、ローコストハウスメーカーなど、さまざまな展示場を回りました。情報を集めるために回ったエス・イー・スタイルさんの展示会でしたが、その...

続きを読む

吉川君に相談する日 見学会のお知らせ

完成見学会『二百年の時を継ぐ家』

大変お待たせいたしました!何年ぶりでしょうか? お客様の御厚意により、本当に久しぶりに『お客様の家見学会』の開催が決定しました!今回の家は・・・ 文政11年(189年前)建立、大正13年(93年前)改修...

続きを読む

  • スタッフ紹介